ベンチャーサポートの長浜大について調べてみた。

長浜大は、株式会社ベンチャーサポート代表取締役を務めている人物です。

そんな長浜大ですが、意外と経歴などを知らないという人も少なくありません。そこで本記事では長浜大がどのような人物なのか調べてみたのでご紹介します。

ベンチャーサポート代表長浜大のプロフィール

https://twitter.com/nagahamadai1/status/806867012165111808

はじめに、長浜大のプロフィールから見ていきましょう。

長浜大は、茨城県つくば市が出身地です。茨城県竹園高校を卒業した後、代々木ゼミナールで浪人生活を送りました。浪人生活における努力の甲斐があり、一橋大学社会学部に合格します。

一橋大学では、体育会系の部活・クリムゾン(アメリカンフットボール部)で副首相と務めるなど、文武両道な学生生活を送っていました。

大学を卒業してからは、株式会社JTBに入社します。株式会社JTBでは、法人営業を任されていました。そんな中、将来的に師匠となる社長に出会い、「いい大学に入って、大手企業で定年まで勤めるのが当たり前」という考えを覆されることになるのです。

考えを変える事になった長浜大は、株式会社JTBを退社し、3年間にわたる下積み生活を送ります。そして、29歳という若さで起業に成功しました。

現在では、株式会社ベンチャーサポートの代表取締役として活躍しています。さらに、グループ会社の運営にも携わっていることから、経営者としての手腕は確かなものだと言えるでしょう。

会社の経営者だけではなく、年商10億円とも言われている総合マーケティング会社を経営する二谷誠と共に起業家になりたい、キャリアアップしたいと考えている若者に対するメッセージの発信も行っています。

このように、幅広い場面で活躍しているのが長浜大という人物なのです。多岐にわたる活動を手掛けている背景には、たくさんの人の人生が豊かで充実したものになってほしいという願いがあります。

長浜大が代表を務める株式会社ベンチャーサポートとは?

長浜大は、株式会社ベンチャーサポートの代表取締役も務めています。最後に、株式会社ベンチャーサポートがどのような会社なのかご紹介します。

株式会社ベンチャーサポートの主な事業内容はビジネスアライアンス事業・BPO事業です。クライアントの事業内容に合わせた、人材採用、育成、組織構築を行います。

対応可能な業務は下記になります。

その中でも、コールセンター業務(テレマーケティング/カスタマーサポート/テレフォン・アポイントメント)についてご紹介します。

ベンチャーサポートでは、様々な企業、キャリア、大手代理店と連携し、電気、ガス、光回線ウォーターサーバー、通販商品など多岐にわたる商材・サービスについて、電話での案内、提案するスタッフの採用・育成を行っています。そして、潜在的な顧客ニーズを掘り起こす営業スキルを駆使し、関心の高いターゲット層に効率的なアプローチが可能です。

その他、電話での製品やサービスに関する問い合わせ業務に加え、イベントなどの予約受付やキャンペーン事務局の代行など、多岐にわたる業務運営の実績があります。このように、ベンチャーサポートでは商材や顧客層に応じたスタッフの採用、育成、柔軟な人員体制の構築に優れています。

まとめ:ベンチャーサポートの長浜大について調べてみた。

長浜大氏は、現在は代表を務める株式会社ベンチャーサポートで、人材育成やアウトソーシングに強みを持ち、多岐にわたる業務を展開しています。
また、YouTubeチャンネルで起業やキャリアアップに関する情報を提供し、多くの若手経営者の成長と成功をサポートすることに注力しています。長浜氏は幅広い場面で活躍していることから、成功している人物のひとりだと言えるでしょう。